ガラス容器の工夫

食品容器と同じように、ガラス容器もいろいろな工夫がされています。… Read more

環境問題にも配慮

1990年代に入ると環境問題にも目が向けられるようになってきました。
大量生産できることから経済的で、さらに衛生的で、その便利さからも食品容器としてとても重宝されてきたプラスチック容器ですが、材料に使われている塩化ビニールが環境に良くない影響を及ぼすことがわかったのです。
燃やしたときに塩化ビニールからダイオキシンが発生することが分かりました。それまでは大量に作られ、大量に捨てられていたプラスチックに制限がかかったのです。
1991年には再生資源利用促進法、1995年には容器包装リサイクル法というものが次々に成立、公布されました。
これによりダイオキシンを発生させる塩化ビニールを使った容器からPET素材と言われる、ダイオキシンを発生させない環境に配慮した容器が開発、使われるようになりました。
材料は年々改良されており、今では植物由来のプラスチック容器も開発されています。… Read more

特徴に合わせた盛りつけ方

衛生面、コスト面から食品容器として長く使われているプラスチックは年々、改良が重ねられています。
現在では当たり前になりつつある、スーパーマーケットの生鮮コーナーの肉や魚が入っている食品容器は1960年ごろに開発されました。
それまでは透明容器が技術的に作れなかったために食品容器として使われる場合も中身が見えませんでした。
そのため新鮮さが最も大事な生鮮食品には不向きでした。これが透明容器が開発されたことで一気に食品容器として広まりました。
大量生産ができることでコスト削減に繋がり経済的、さらに衛生的であるプラスチックは食品容器として今でも重宝されています。… Read more

アーカイブ
カテゴリー